注目の太陽光

最近では売電ではなく家庭内での利用を主目的としたスマートハウス構想も持ち上がってきており、これであれば補助金など行政の動きに左右されない太陽光発電が出来ると注目を集めています。

修繕工事を行う

マンションの大規模修繕が行われているところが増えています。一般的にマンション全体で行われる場合と、個々の部屋で大規模修繕を行う場合があります。耐震性も考えておくことが必要になります。

環境に優しい

環境に優しく発電できる、作った電気を売電できる、設置にかかった費用を初年度で償却できるなどのメリットもあり、産業用太陽光発電システムの導入を考えているという企業は多いのではないでしょうか。

安定的に発電

太陽光発電はクリーンなエネルギーとして、次世代を担うエネルギーの代表格として注目を集めています。普及も徐々に進んではいますが、まだまだ電力需要に対しての発電比重は低くとどまっています。


住みやすい住宅

太陽光発電のメリットだけではなく、デメリットも把握したうえで設置することが非常に重要です。こちらのサイトでデメリットも併せて紹介しています。

新聞やテレビの宣伝や広告でも毎日のように太陽光発電のコマーシャルが入っています。どれも売電で光熱費がただになるといったようないい印象のものが多いのですが、いざ我が家に導入するということになるとこれらのどこの業者に頼んだらいいのかがわからなくなってしまいます。太陽光発電は初期費用がかかり、またメインテナンスもそれなりに費用が掛かるものなのですが、儲かる話が前面に出ているのでマイナス面はあまり知られていません。確かに売電は魅力的ですが、長期的な展望に立つとコストパフォーマンス面ではどうなのか。あたかもハイブリッドカーの優秀性と同様な仕組みがあるように思われます。確かに中国で格安で量産された太陽光発電のパネルは相当なコストダウンに成功していますので、ひと昔前の購入価格よりは断然お買い得な値段になっています。

これは太陽光発電に限ったことではないですが、後になるものほど性能は飛躍的に上がっています。しかも最近では海外メーカーに負けじと国内メーカーもより高性能なものを次々に開発していますので、これらは期待ができます。見積もりを取るときには必ず同じ機種のものを比較して、一括見積もりを利用するのがロスがありません。モデルチェンジなどで値落ちしたものは性能的には遜色なく、お買い得なものといえます。また見積もりの際には維持管理のコストも考慮しておきましょう。今後のメインテナンスを考えておいた場合、信頼のおける事業者のほうがアフターサービスの関係では断然違うときがあります。割に高額商品ですので、見積もりしてもらうときには、購入時もそうですが、その後のトラブルがあった場合のサービスもよく尋ねておくべきでしょう。