安定的に発電

石油などの化石燃料いわゆる枯渇性エネルギーに対して、再生可能エネルギー全体を通して言えることは、発電効率に対するコストの高さがあげられます。 特に工業を主体にする経済活動を行う先進国を始めとした工業国は、経済規模に対するエネルギーの需要も比例して多くなるために、安定的に発電できてコストも低い化石燃料に頼らざるを得ない状況でもあります。 しかし化石燃料はいずれ枯渇することが既定のエネルギーである以上、これらに代わるエネルギーを導入することは必至です。 そうした状況から太陽光発電の普及が求められており、コスト面などはこれからの技術革新によって解決されることが予測され、加速度的に普及は進んでいくと予測されます。

環境にやさしいだけでなく節電や売電収入など経済的にも様々なメリットがあることで、一般の方からも強い関心を寄せられている太陽光発電ではありますが、導入に際しては注意点もあります。 メリットばかりに目が向いているといざ導入するという段になって、思わぬトラブルになることもあります。そこで基本的に注意したい、節電についてここにあげてみます。 導入に際してメリットである節電ですが、当然自家発電を出来るという意味では節電になります。しかし太陽光発電は太陽光を受けて電気を生み出すという性質上、発電量は周辺環境に強く影響を受けます。つまり、想像以上に発電量が少なく、思ったよりも節電にならない場面も想定されます。 導入前に日照時間や屋根の向きや周辺の建築物の有無など周辺環境をしっかりと下調べして、ある程度発電量などを予測しておくことでこうしたトラブルを事前に防ぐことが出来ます。