修繕工事を行う

マンション全体で行う場合は、その建物自体が老築化してきた場合です。同地区化により見た目が古臭くなる場合は入居者が減ってしまうからという理由もアリますが、それ以上に耐震性の問題を気にして大規模に修繕をすることが多いようです。耐震性の問題とは、今からおよそ30年前に建てられたマンションと30年よりも後に建てられてマンションで大きく違うのです。その理由は、今からおよそ30年前に建築基準法が改正されて、耐震基準が厳しくなったからです。近頃の地震の多さを考えても、大規模修繕をするのが妥当と判断しているのです。

大規模修繕をマンション全体で行う場合は、管理会社や大家に任せるところですが、住人としては自分の家だけを修繕する場合にはいくつか注意をしなければならないことがあります。まず、近所迷惑にならないように配慮しなければなりません。一軒家と違い、マンションは壁を隔ててすぐ隣の家です。そのため、修繕をする場合でも隣近所に配慮したやり方をしなければなりません。 もう一つは、修繕をする場所です。一戸建てと違い、大規模に行う場合は、柱だけを残してすべてを壊し、また新たに作り直すという方法はできません。集合住宅だから当然です。そのために修繕をする箇所にも一軒家と比べても限界があり、希望通りにはいかないこともあるのです。