注目の太陽光

太陽光発電を設置する際に一番注意しないといけないのが気象条件です。日照時間が長い事はもちろんですが、ブームに乗って設置したばかりに台風や強風などによる飛来物の被害や大雪によるパネルの破損などのトラブルが発生した事例がかなりあります。 なのでなるべく安定した気象条件が良いのですが、四季がある日本ではある程度の妥協も必要となってきます。 次に注意すべきことは太陽光発電に対して支払われる行政からの補助金です。 国からの圃場として買取保証などはメーカーが対応してくれますが、市町村によっては太陽光発電を設置する費用への補助などがあり、これらは業者が対応する事場合と設置者が対応する場合の二種類があります。また年度ごとに変更になる可能性があるのでしっかりと設置の際にはしっかりと確認しましょう。

太陽光発電にまつわる補助金としては売電保証と価格保証の二つがあるのですが、この価格保証は太陽光発電が広まった事により年々下がっている傾向にあります。 ただし、設置に関わる費用や技術の向上による発電量の向上などもあるので一概に損という事は言えないのですが、場合によっては新しく設置するよりも以前の高い価格で設置した設備を購入する方が利益が上がる場合があります。 こういった物は土地付太陽光発電などと言った名称で売られており、売電保証期間が短い物が多いのですがその分安くなっている特徴があります。