環境に優しい

太陽光発電システムは一度に設置する量が多いほど、1Wあたりの価格は下がります。そのため家庭用に比べ、広い設置面積になる産業用太陽光発電はやや安くなります。10kW以上の設置であればだいだい1kWあたり20万円から30万円前半となるでしょう。また、産業用太陽光発電システムは設置場所も地上、屋上、壁面、高所など様々で、その施工の難度によっても価格は変わってきます。導入するなら、産業用太陽光発電の設置ノウハウがあり、技術力のある販売施工業者を選ぶことが大切です。

太陽光発電技術は長い年月をかけて進歩してきました。太陽光発電の歴史はアメリカにおける1954年の太陽電池の発明までさかのぼります。その後日本でもオイルショックを契機に、枯渇する石油などの化石燃料から無限の太陽エネルギーへと注目が集まり、研究が進みました。その研究により、今では一般家庭にも設置できるほど低価格な太陽光発電システムができました。価格は今も下がり続けていて、耐久性が優れているもの、曇りでも発電できるものなど、その技術の進歩は止まりません。政府としても産業用太陽光発電の導入を進めるため、全量買取制度やグリーン投資減税などの制度を設けています。今後導入する企業は増え、さらに市場の競争が激しくなることが予想されます。